運営者情報

Pocket

はじめまして。

和ものべ観光帳の運営者の やまのべあゆむ です。

神社仏閣や日本庭園などの和風な観光スポットを巡るのが好きです。

突然ですが、奈良県の山の辺の道(やまのべのみち)をご存知でしょうか?

奈良盆地の東南にある三輪山のふもとから東北部の春日山のふもとまで南北に続く古道です。

山々の裾を縫うように道が続くことから、文字通り山の辺の道と呼ばれています。

その道沿いには日本最古の神社の一つと言われる大神神社や特異な形をした七支刀で知られる石上神宮などがあり、日本の太古の歴史を感じられるハイキングコースです。

当ブログのタイトル 和ものべ観光日記(wamonobe-kankonikki)の「和ものべ」とは、そんな山の辺の道の名称を参考にして名づけました。

和物とその周辺(和物の辺)の観光スポットを紹介するという意味で わもののべ(和物の辺) → わものべ(和ものべ) としました。

主に関西のお寺、神社、日本庭園、城郭、日本刀などの観光情報を紹介していく予定です。

たまに西洋庭園や西洋画の観光情報も出てくるかもしれません。

「和物とその周辺」の周辺とは西洋美術のことだったりします(笑)

「西洋美術は和物の周辺じゃないじゃん!」とツッコミが入りそうですが、大目に見てやってください!

旅行に行く時の参考に少しでもなれば嬉しいです。